in 未分類

足助体操(體操)のお知らせ

足助体操(體操)を本格的に始めたのは、足助照子先生に出会って勧めていただいたからで、当時まだまだ若く20代後半でした。

阪急西宮北口で定期的に開催される健康体操教室に通っていましたが、まさか自分がその教室を受け継いで開催していくことになるとは考えたこともありませんでした。

熱心な照子先生の指導のもとに集まる多くの体操の仲間も出来ましたが自分は最も年下でお仲間は自分の親かそれ以上の方々でした。48歳の現在でも体操教室に来られる方は私より年上で、この世界では20年程過ぎた今もまだまだ若輩者てす。

膝の痛くなったことがない人に膝の痛さはわからないですし、腰の痛くなったことがない人に腰痛の辛さは理解できない。私は膝も腰も痛くなったことがあるのでほんの少しはその方の痛みがわかる気がしますが

病にかかったことのない人に病の本当の辛さは理解したくても出来ないものです。

すべては自分の経験の元にしか知り得ないものです。人の悩みや苦しみは話を聞くことくらいしかできないものです。

健康が光であれば不健康は闇です。足助式医療體操が闇を切り裂く一筋の光となるか、希望となるかは人それぞれですが、それを学び継続していけば、希望の光となり人の助けとなるということは、拙いながらの自らの体験と不健康を克服された方の経験談からみても明らかです。

この健康法を昭和16年に考案され世に出された足助次朗先生は、療術家であり稀にみるヒーラーでした。どんな病人でももちろん健康な人でも年齢に関係なく寝たままでいくらでも出来る技法です。ラジオ体操のような運動と同じ体操と言えど根本的にまるで異なり、どちらかと言えばヨガ、呼吸法、ストレッチ、スクワット、などの要素があり、全身の気の流れと内臓系の血流を改善し、免疫力向上、代謝アップ、ホルモンバランスを整えてくれます。

ITやテクノロジーの進化により何もかもが昔と比べて便利になり、体を日常的に動かさなくなった現代人は基本的に不健康と言えます。

自らの体を正常に戻すことに興味はありませんか?

もし、健康についてお悩みの方、このままではと将来的にも不安な方、どなたでも足助体操(體操)に興味があればお気軽にお問い合わせください。連絡待っています。

info@monado.jp

Write a Comment

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください