アーユルヴェーダに期待

こんにちは。10月ですがまだまだTshirtで大丈夫なのは、異常気象のためかなと思います。このままでは2030年頃に北極の海氷が溶けてなくなると予測されているようで個人的にはとても驚いています。

日本も異常な暑さに台風と地震に見舞われ、地球規模での変化を感じ、またそれを乗り越えなければ明るい未来は望めないのではないでしょうか?

癌は2人に1人の時代になるとも言われだしているように地球も病気なんでしょうね。

しかし、人類が貪欲さを改めてない限り、希望は薄氷のようなものです。

私は昨日、日本ヘナ研究会主催のアーユルヴェーダの日本人第一人者であるDrの上馬場先生の講演会に参加しました。

先生の話で印象的なのは、人間はいつ死ぬかわからない。アーユルヴェーダでは死んだら終わりではなく、輪廻転生があり、魂と記憶はいつまでも残ると考えられている。

LGBT(レズ、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー)は、人類の進化の時を迎えているということだと考えられる。などと言われました。

私もインドには訪れた経験があり、若い時は非常にカルチャーショックを受けました。

日本人とは全て違っていますが、同じ人類の一員として、私たち日本人が見習うことは必ずあります。

そのひとつがアーユルヴェーダなどです。

私の提案するアーユルヴェーダへの入り口は、ヘナや薬草オイルでのヘアケアとシロダーラなどです。

病気を治すのではなく、病気にならないように日常にアーユルヴェーダを取り入れることは予防措置として知らぬ間に病を遠ざけてくれるでしょう。

先生は役に立たない人間はいない。薬にならない草根はない。とも言われていました。

すべてを否定しない生き方、世界中に使命があり、各自が自分の使命に目覚められるようになれば地球も私たちも健康でいられるのだと思います。

11月にAAAランク、アーユルヴェーダの新商品を掲載いたします。どうぞ、宜しくお願い致します。