月と海は13の周期

春分を過ぎ、桜の開花が待ち遠しいですね。

昨日は月食の満月、そういえば月の周期や潮の満ち引きは28日周期で1年、365日÷28=13、1年364日あまり1日になりますね。

月の周期でいくと1年は13ヶ月と1日なんですね。

そもそも人間は月の満ち欠けや潮の満ち引きに合わせたサイクルで生活していましたが、現代文明は、自然のサイクルとは異なるサイクルで生活しているために病やストレスに悩み苦しむのではないでしょうか⁉︎

もし、無人島に住むことになりカレンダーがそこになければ、新月と満月の回数が13回で約1年ということですね。

酵素活性する水

桃の節句も過ぎ、ようやく春らしくなってきましたが皆様お元気でしょうか。

花粉症やアレルギー、インフルエンザなどの不調に悩まされていませんか?

そうか最近、シワが増えたとかシミが気になる方、または白髪、抜毛などを気にしておられる方には是非、提案します。
まずは、水に注意!水道水の危険性についてはご存知ですよね?ブログでも書いたつもりですので今回は詳しくは書きませんが、ガイアの水135をオススメします。

下の写真は2013年からそのままの柿です。


 オレンジ色がキレイな方がガイアの水135(ビビアン水)の家庭用浄水器を通した水です。発酵しているのてしょうか。  泥水みたいな方は水道水です。これは腐ってもいますね。

ガイアの水135は、高い酵素活性力を備えています。例えば、市販の牛乳にガイアの水135を3%程度混ぜ、常温で放置すれば発酵が進み、夏季では2日程度、冬季でも1週間程度でヨーグルト状になります。

体内が酵素活性するか腐敗というか腸内が悪玉菌で便秘やそれに伴う様々な症状に悩まされるかは、あなた次第ですが、エネルギー化されたガイアの水135の実力は本物です。

野菜・果物・お肉類をガイアの水135に浸し、麺類・お魚は洗い流すだけ!!

その一手間でらくらく食品の鮮度が抜群に保たれます。

新鮮度・栄養分を逃さないのは「テラヘルツ鉱石と生体活性セラミック」エネルギーが食品の細胞に浸透してヌメリや臭気を抑え食品本来の味・香り・食感を維持できるからです。

 

上の実験でわかるように3年以上経っても腐敗しないガイアの水135の実力が少しでも多くの人に理解され人々の健康のお役にたてばすばらしいです。