アダムの妻イヴ

”……そして何とその美しいことよ。そしてその髪の毛の何と細く、その目の何と青く、その鼻の何と形のいいことよ。はたまた顔から発する輝きは……その乳房の何と美しいことよ。全ての色の白さは愛らしく、腕の形は申し分なく、手は完璧である……手のひらは白く、指の何と長く美しい事か。足の美しさと一点のしみのないその太股よ。すべての処女とウェディングドレスを着た花嫁もイヴの美しさには敵わない。全女性より愛らしく又その美しさは全女性の美しさを足したより大きい。そしてその美しさと共に多くの知恵がある。”

2000年以上前に書かれた羊皮紙の巻物からの抜粋

※ MIRROR ,MIRROR ON MIRROR ON THE WALL
鏡よ、壁の鏡よ-美は食と共に-

ゲイロード・ハウザー 著
木下稔 訳