現代社会と電磁波の闇

現在、電磁波の問題において日常生活での最大の問題はパソコンとスマートフォンである。
極めて至近距離で、毎日長時間利用する人々が急増しているというのに、離れて利用するよう注意を促さないのはなぜか?当然のことだが、パソコンもスマートフォンも、至近距離での利用を前提としている。消費者に離れて利用するよう警告すれば、そもそも商品の存在価値が問われることになってしまうだろう。

今、私たちの社会が直面している精神の腐敗現象は、年齢にかかわらず、幅広く発生している。電磁波に長時間曝されると、人は攻撃的に(切れやすく)なり、無気力(引きこもりがち)となり、ついには病気に至ってしまうことは、今から40年も前に行われたジョン・ナッシュ・オット氏のネズミによる実験でわかっていたことなのだ。

1960年代、オット氏はテレビから漏れ出る電磁波(放射線)を浴びたネズミは次第に攻撃的となり、その後無気力と化し、ついには動けなくなることが判明した。
ガン患者15人に、テレビなどの電子機器をまったく利用せず、室内照明も避けて、毎日外に出て日光を浴びる生活してもらったところ、14人の患者のガン進行が止まったという。

私たちが自然から離れた生活を進めてきた背景を振り返れば、当然の結果ではあるのだが、改めて自己のライフスタイルを見直す必要があるだろう。

※参考文献 超不都合な科学的真実 ケイ・ミズモリ

当ブログでは、電磁波対策グッズを推奨しています。

予防医学の心得

これからの時代は、病気にならないようにいろいろ気をつけなければならないでしょう。

良い水、自然な食べ物、適度な運動をするように心掛け、電子レンジや携帯電話の使いすぎに注意し、精神的にも肉体的にも調和が取れてストレスを溜めることのないように

多くのことを意識するべきです。病に取りつかれてからでは遅いので、健康な方でも今のうちに健康への第一歩を積極的に歩みだされたほうが大難が小難に無難にそれらを未然に済ます

ことになるのではないでしょうか?

モナドジャパンでは、足助体操や電磁波対策NTEカードなどの日々の健康に役立つ、安心で安全な商品等をご紹介していきたいと思います。

携帯電話のヘビーユーザーは脳腫瘍のリスク

携帯電話での通話はもとより、無線LANの普及でスマートフォンやパソコンでも高速データ通信が可能になるなど、我々の生活をより便利にしている電波網。こうした携帯電話などから発せられる電磁波に「発がんの危険性」が指摘されていることをご存知だろうか。

電波を携帯電話に送信する基地局の周辺で頭痛、不眠、吐き気などの症状を訴える人も増えており、海外では大きなニュースになっている。2011年5月に世界保健機構(WHO)に属する国際がん研究機関(IARC)が、携帯電話から出る高周波の電磁波について「発がんの危険性あり」との評価を下している。

携帯電話のヘビーユーザーにおいて、脳腫瘍のリスクが増えるという証拠が出ている。それを使い続ければ安全とは言えない。10年後、20年先の人体への影響を考慮したい。

※参考文献 サイゾーOctober2012 新しい日本のタブー

 

電磁波の対策

電磁波とは、電気が流れる場所やその周りから発生する電気と磁気の波のことです。

原発事故で話題になる放出されるガンマ線という放射線も電磁波ですが、太陽光よりもエネルギーの低い電磁波を大体「電波」と定義されていて日本では、一般的に電磁波という時はこの電波を指すことが多いようです。

日進月歩で発達する飛行機、新幹線、自動車、携帯電話(スマートフォン)、パソコン、IHクッキング調理器、TV、電子レンジ、ドライヤー等の科学文明は私たちのくらしに便利さをもたらし、必要不可欠のものとなりつつあります。

これらの製品を動かすためには電気が使われさまざまな電磁波が出ています。

電磁波被爆による人体への影響については、1996年からWHO(世界保健機構)を中心に警告されています。

電磁波の影響は、ホルモンなどへの影響が大きいとされてきましたが、最近では、DNA修復を阻害するなどの遺伝子への影響が大きいといわれているようです。

日本では、賛否両論あるものの「疑わしきは防御する」は懸命な対処方法ではないでしょうか。当サイトでも様々な電磁波対策グッズを掲載しています。どうぞ、ご覧ください。