足助體操でカラダも心も柔軟にしましょう

秋の色が深まると冬は待たずともやって来ますね。今年のクリスマスはどう過ごそうかと考え出すと足助體操(あすけたいそう)のクラスが定期で入っているのと重なっていることに気づきました。

私は足助體操という足助照子先生から教わった健康体操を伝えています。今から20年以上前に照子先生と知り合って、西宮市まで通って自身の健康のために体操を習いました。正式には、足助式医療體操です。毎月毎月、兵庫県西宮に通い、この技術を身につけました。当時の私の身体能力はお寿司では並でしたが、少しずつ柔軟になりながら健康状態から考え方までのありがたい影響を受けました。カラダの硬い人は頭も硬いと照子先生から教わりました。その通りだと直感で分かりましたが、長年観察してみてやっぱりそうでした。今現在は、20代後半から30代の頃よりカラダは柔軟になり多分、頭もほぼ老化していないかと思っています。カラダも脳も細胞で作られているので足助體操で細胞を萎縮させないようにしているからです。カラダも頭も手足も細胞でひとりの人間を型作られていますが、退行性変化という自然老化現象により日々、硬化硬直しています。それをさせないようにするエクササイズとでもいいましょうか。これで安心医療体操 という本が出版されています。

毎年12月17日は足助照子先生の命日です。しかもその日は、私の誕生日と偶然にも重なっています。12月は何かとイベントが続きますが、クリスマスはNHKカルチャーセンター大阪で足助體操を教えています。

詳しくは、足助體操で検索するか、monado.jpの下の方にバナーがあります。

是非、興味を持っていただければと思います。

アンビエントミュージックの勧め

梅雨明けが待ち遠しいです。コロナ第二波も気にしながら夏の計画を立てたりされていますか?

今回、Raul Buelnaというレーベルから発売のアンビエントミュージックのアルバムを紹介します。

アンビエントミュージックとは、訳すと環境音楽となりますが、現代音楽かニューエイジ(新しい世代?)の類いになると思います。ほとんど歌の入ったものではありません。

聴かれてみないとわかりませんが、大多数の人がいいんじゃないというかまず、うるさいとか騒音になることなく、アルバムを流すとありがたがられたり、これなんていうCDですか?と聞かれることもありえます。聴いていても気にならないまさに環境音楽です。

ヨガやエクササイズ、ストレッチ体操やリラックスに、またはドライブ時なんかにも聴いてほしいです。渋滞に巻き込まれてもこれらのCDがあればイライラにならないかと期待できます。風邪や体調の良くない時にも聴けるアルバムです。

http://www.monado.jp/category?cid=10

Meditacion

瞑想やヨガ、ストレッチ、車のドライブや普段の生活の中でゆったりとリラックスしたい時に是非、聴いて下さい。

1650yen

COSMIC AMBIENCE

瞑想やヨガ、ストレッチ、車のドライブ時や日常生活の中に静かに響く音源になります。何回でも聴ける不思議なアルバムです。

1800yen

Energy&Medicine

瞑想、ヨガ、エクササイズや風邪や体調の良くない時に聴けるアルバムです。音楽を聴ける状態ならセルフヒーリングの助けになるかと期待できます。5/24 2020年にリリース from Osaka

¥1650

エクササイズの勧め

梅雨の真っ最中、湿気が多くて調子が出ない、眠りが浅い、食欲不振などの症状を自覚さしたなら、とにかく身体を動かすことです。どのような不調も自律神経を整えることで下手に薬を飲むより自然に回復します。安易に薬や他力に頼らず、自力にて解決できるのだと思っています。

更にこの湿気で身体はだるく、神経痛などに悩まされている方は気の毒です。とにかくストレッチなどで汗をかき、シャワーを浴びて負の連鎖反応を起こさないように気をつけましょう。

コロナ禍にあり、免疫力を高めることは非常に重要なので、何かと不便な世の中ではありますが、健康と笑顔を大切にしていきたいものです。

インターネットラジオに出ました

六月になり、自粛生活から解放されました。コロナの期間は、私にとっては大切なことを思い出させました。きっとあのままの日常生活では、忙しすぎてそれらを見失ったことすら思い出せなかったでしょう。

瞑想を実践しています。私は、足助體操の講師なので2ヶ月間はすべてのクラスを休みました。これまで関西だけでも多くのクラスを開催して来ました。突然の日常の変化に初めは戸惑いましたが、自分の内面と向き合うように心がけ、瞑想法としては、姿勢をよく呼吸を静かに観察し、ネガティブな感情や思考はエネルギーの無駄使いになりますのでそれらを消すようにもしていれば、真っ白になるような感覚に気づきました。なかなか心地よいです。少しずつ呼吸を長く、吸う息の倍の秒、息を吐きます。

足助體操は、既に長いルーティンメニューです。

インターネットラジオ番組に出演したので足助體操について興味ある方は聴いて下さい。

寝乍ら足助體操

新緑の5月ですが、新型コロナVirusの影響のため、自粛して世の中の健康に貢献しています、

これほどの日常生活の異変は未知の状態でありあまる時間を出来るだけ瞑想的に過ごしているつもりです。

足助體操の教室も自粛しています。今後の活動の仕方も考えさせられますが今の時代に必ず必要がある自宅で寝ながらでもテレビを見ながらでも出来る健康的ものです。

足助體操を知って20年以上になり足助照子先生から教わったことを軸に指導していますが、この運動法を熟知しているので自分は救われています。真の健康な身体づくりは実践があなたを健康に近づけてくれるのです。

ヴィーガンへの道

早咲き桜が咲き始めました。春は養生の季節、地球温暖化のこともあり、ヴィーガンにチャレンジしてみて感じるのはよほど意識的にならないとなかなか難しいというか、完璧主義を目指さず、まずは意識的になることから始めます。

CORONA VIRUS のすぺるを並べ替えると

CARNIVOROUS になり、意味は肉食です。え、これって偶然?シンクロを起こしているのでヴィーガン目指したいです。

家畜のおかげで地球から緑がなくなり、食料や水がなくなる。今、人類が肉食から脱肉食になれなきゃ、南米アマゾンの熱帯雨林は消滅してしまいそうです。

まずは一食から始めます。

引き寄せ

初春ですが、もう身体の少し冷えに気をつけてエクササイズなどで体温を上げるようにしましょう。

世界的にコロナウィルスの影響が全面的にでていますが、そのことばかりを気にしすぎないようにしています。引き寄せの法則を知っていますか?

手洗いやうがい、睡眠時間の確保、疲れを溜めないようにしてどんな状況でも前向きな思考を51%以上はするように意識しています。

足助式医療體操で免疫力の低下を防ぐ

春の到来よりも新型コロナウィルスの収束が待ち遠しいですね。精神的に不安が募れば免疫力も低下するのではないでしょうか?運動して体温を上げて免疫力を低下させないようにしたいです。

足助式医療體操は、免疫力の低下を防ぐことを助けて病からの快復を導くものです。もし、自宅にいる日が続きますと体を動かすことも少なくなり身体は硬くなってしまいます。それに時間があれば足助體操を今こそ、おすすめします。体力を衰えさせないために、あるいは予防のために興味ありませんか?

運動で体温を上げて免疫力の低下を防ぎたいものです。

養生の季節は今から

向春の候、皆様いかがお過ごしでしょう?

新型コロナウィルス対策として暴飲暴食をしないように気をつけています。少食に慣れることは健康的であり、免疫力の低下を防ぎ、自然治癒力を高め、ダイエット効果は本物です。

東洋医学で春は、積極的に養生することが勧められています。特に3月から5月の3ヶ月は重要だと言われています。新型コロナウィルスと重なり養生して免疫力を高めて自然治癒力を発揮し、乗り切ろうとコミットメントします。おそらく夏の前にはこの騒動も収束されることと思いたいです。

私の場合は、動物性タンパク質を控えます。ヴィーガンとまでは言えませんが、鶏肉、豚肉、牛肉は3ヶ月やめて、お魚は最近好物のアンチョビはやめれないので無理はしたくないですが、控えて野菜、芋類、海藻、果物、穀物などの腸内細菌を考慮したものを食べて、精神的にも穏やかでありたい。そのためにこれからの3ヶ月は養生することを意識したい。

皆さんも養生してみてください。