足助體操を知り、始めませんか?

寒さが続きますが、心身のメンテナンスが必要ではないでしょうか?

若者の自殺者数が世界一の日本人のメンタルの弱さはコンビニフードや食品添加物の影響でしょうか?もちろん複合的な原因でありますが、虚弱体質や精神的に不安定な人があまりにも多い感じかします。

コロナでますます社会は、不健康になり不安とストレスを大いに溜め込んでしまっています。そこから抜けるには体を動かしてマイナスのエネルギーをプラスに変換する必要があります。

間違えてはいけないのは、頭で考えずに脳は休めて体を動かすことです。ここでいうのは適度な運動で更にそれを習慣づけることを提案します。心身のバランスを取り戻すに内臓器官の血行を改善し、その循環を整える必要があります。もちろん足助體操につながります。

足助體操は、シンプルな反復運動を繰り返す動作が多くありますが、それは出来るだけ脳に刺激を与えず、全身の氣血水を良好に出来るため鬱や精神的に弱った人でもやれば癒されるでしょう。

体を柔軟にするプロセスにおいて同時に疲れた脳の思考もゆるむのを感じるのは副交感神経優位になるからです。体の柔らかさは不安とストレスを軽減します。

凝り固まった思考と体は不調の原因であり、精神的にも自らを追い詰めてしまいます。ストレスが増して鬱で抜け出せないと本気で非常に良くない答えを出そうとする時にでも体を動かして柔軟にし、呼吸を深く整えてマイナス思考を汗で消滅させましょう。運動は心身を健全にし、発想の転換に役立てられます。運動が嫌いな人でも寝ながらリラックスしてできるような足助體操なら出来るでしょう。

Zoomでのクラスに興味がある方や参加希望者、直接メールにてお問い合わせください。ぼちぼちとですが始めていきます。

info@monado.jp

ASUKE TAISOU‘S FITNESS TECHNIQUE SINCE 1941

チョコレートと満月

先日はバレンタインデーということで幸運にも體操の参加者さんから色々いただきまして感謝しています。日本人の優柔不断さは自分にも十分に備わっていますのでチョコレートは好きで甘いもの好きです。最近の傾向としてダークチョコが腸によいという話を聞きました。腸は免疫器官であり腸活動の低下はあらゆる病の原因になりえます。腸は他の臓器と密接に繋がっています。胃の悪い人は腸が弱く、もしかしたら腰痛との関連を指摘する人もいます。それはそうでしょう。すべての体は繋がっていますのですから、

東洋医学にももちろん流派もあるのですが私自身の経験と学びを深めるうちに得た認識は、體操教室を通じてお伝えしています。これまで指導歴12年にはなりますが、足助體操の教室を西宮と大阪を中心に開催しています。時代の移り変わりとして現在zoom開催を再開する準備をしています。

昨夜は満月でした。

東洋医学を熟考する

お久しぶりです。長くブログを控えていましたが、少し再開します。日常がコロナ禍となり、2年が過ぎました。このような危機において、社会は個人の健康に対する意識変化が起こっています。それがよい方向性であれば問題ないのですが、その巨大な集合意識のマイナス面があまりにも大きいことが気になります。

その原因は西洋医学にあります。と言って西洋医学を否定しているのではなく、人々が西洋医学に一辺倒だと言うことなのです。または、それしか知らないということです。

私が長年において指導している足助式医療體操は東洋医学由来です。部分を部分とする西洋医学と違うのは、部分は全体の一部、全体は部分の集合体としての視野で全身の調和だけでなく心身の調和までを目的としています。病の原因や免疫力の低下は、体内環境の悪化が不調を招くのだということを体を動かしながら教えています。

西洋医学は、解剖学がベースとなっているのでしょうか、血液の医学と言えます。

東洋医学は目に見えない気の力や自然療法を行うことがあります。それらは化学とは縁がなく、100%の自然免疫であり、自然治癒力を引き出すことになります。

また、薬に頼らないのも東洋医学です。

今後、自分たちが必要な時にどのような医療を受けるのか?安易に西洋医学一辺倒にならずに東洋医学的なもの事のわ考え方、見解を身につけてウィルスやあらゆる病原体から身を守っていきましょう。

この1〜2年は価値観の転換期でもあり、東洋医学を深めていくよい期間でした。少しずつブログでもアップしていきますのでたまに覗いてください。今後もよろしくお願いします。

低体温は免疫力が低い

夏から秋へと季節は移り変わりますが、以前コロナ禍にあり、先が見えにくい状況が続く中、夏の疲れなどが出やすいので気をつけてください。

日本人の平均体温は、かなり低くなっているようです。低体温は免疫力を著しく下げ、免疫力が働きません。

砂糖や添加物の取り過ぎや運動不足、減塩などが原因でしょうか。

では、どのように体温を上げることが出来るのでしょうか。。

答えは、増塩です。

天然の塩には、微量ミネラルが80種前後含まれています。まずは、ミネラルが十分に足りていなければビタミンやアミノ酸を吸収することができないのです。

生命は、海から誕生されたという。決して砂糖水から産まれてきません。羊水は海水に近いのです。

俗に言う減塩とは、食卓塩でおなじみの塩化ナトリウムのことです。喫茶店に行くとテーブルの上に置いてあるような化学塩のことなので、これを間違えて増塩しないようにしてください。

当サイトでも、海水の素を販売しています。これは非常にミネラルの多い2000年前の塩田で取れた塩で間違いないでしょう。

http://www.monado.jp/category?cid=7

夏至2021

今年の夏至の日から健康を求める。

1週間前、あまりに暑く感じたので毛布もなしに寝てしまい体調を崩してしまいました。寝冷えをしたのですが、こういう時ですので予定をキャンセルさせていただきました。

本来、風邪はひくもの、身体の浄化であり解毒だと思いたいのですが、コロナ禍にある今は楽観していられないので、夏風邪には充分に気をつけて下さい。

世の中には、病で辛い思いをされている方だらけです。そんな方々にも役に立つ運動法をご存知でしょうか?

ゆるみストレッチ、エクササイズでは、足首、足の指、足裏から始まります。

一日が最も長い夏至、ヨーロッパなどの北の国々ではどんな感じでしょうか?夜9時や10時でも明るいらしく、子供達は遊び疲れるそうですが、コロナはそろそろあちらでも大丈夫になればと願います。

健康は力なり

世界中がコロナに見舞われて、歩き回れない今、この酷い夢はどこまで続くのかは、誰も知らない。ある種のノスタルジックな心境に陥って過去の自分と和解することになれたのはコロナのおかけではあり得る。自分を知って無茶や無謀なことはせず、健康維持、増進する時期がきている。

皆さんを健康に導くために、私に幸いにアイデアがあるので、今後シェアさせて頂きたいです。

ゆるみストレッチ体操は、根は足助體操であすけたいそうは、病人が寝ながらする運動から健康な若い成人が汗でもかきながら出来るようなものまで種類が多く、なかなかどころか完成品です。

健康のみならず、行動や思考のパターンまでに影響を及ぼすのは、腸であり、実際には腸内細菌と近年では言われています。

その腸内環境を整える運動があり、体調不良時に思い出してやってみると本当に役に立つことがある運動です。

ゆるみストレッチ体操教室をオンラインで配信します。初回無料にさせていただいています。

info@monado.jp

ゆるみ体操は、足助體操

桜が咲いて、満開、花びら舞い散る景色は心がゆるみます。まだまだ冷えには気をつけています。

足助式医療體操を足助照子先生から習い、修得し、足助體操の教室を関西中心に行なっていますが、コロナ禍で以前のように教室を開催出来なかったり、リスクのために会場へ来られる方は少なくなりました。

時代の移り変わりを考え、それに沿っていくにはオンラインにての教室の開催です。

現在、技術面にて協力してくださるスタジオのスタッフと共に1時間のオンライン教室を配信します。予定では、4/6(火)19時から20時です。

本来、足助體操は最低1時間半、ゆっくりやり込むと2時間は必要です。今回は、1時間ですので、ゆるみ体操 というより簡単な基本的な内容になりますが、内容は足助體操です。スタッフの人が、1時間の配信なのでということで、名前をゆるみ体操にしてスタートします。

もし、オンライン教室に参加したい時は、連絡してください。

info@monado.jp

ハチミツ非加熱ブルガリア

寒中お見舞い申し上げます。

マスクが当たり前になり、呼吸が浅くなってしまわないように、たまにマスクを外して深呼吸をするように心がけましょう。空気のクリアな場所がいいです。

健康を維持することは、自分のカラダを大切にすること。決して無理をしない。

モナドJapanでは、天然の非加熱ハチミツの販売をはじめました。

非加熱がポイントです。ほとんどの市販ハチミツは加熱されていて栄養成分を失っているそうです。

ブルガリア産のEUオーガニック認証養蜂家の下で育てています。

味は濃厚でハマるハチミツNo.1です。

http://www.monado.jp/product?code=honey

A Happy New Year !!

あけましておめでとうございます。

本年も宜しくお願い致します。

2021年が健康的で素晴らしい年になりますように心より願っています。

バンクシー展を観に

先日、大阪南港に楽しみにしていたバンクシー展を観に行きました。

謎のイギリス人バンクシーについて知る機会でした。私はイギリスの文化に影響されて育った世代なので、例えばビートルズやストーンズ、レッドツェッペリンやクィーン、ロック、パンクの国、パンクの人の音楽やファッションは強烈でした。最近はストリートアートが盛んで2年前に行ったイーストロンドンは街中がセンスよくペインティングされていました。

バンクシーのようなセンセーショナルなアーティストが現れるのはやはりイギリスかと思いました。

イギリスでは既に有名でも日本人にはあまり知られていないので興味ある人は是非、世界を広げるチャンスです。但し、クラッシックや印象派の好きな人達にはあまりおすすめはしません。

そのメッセージに意図があります。日本人の私達はそれをどれだけ受け入れられるでしょうね?

瞑想で冬至を迎えました。

コロナ禍にあり、2020年は世界が混乱してしまいましたが、冬至の朝は清々しく瞑想をしました。自分にとって瞑想とは、ビヨンドディスクリプション、言葉で言い尽くせない、言葉を超えたものである。体験する以外になくて、説明することはそのやり方くらいのものです。

私は20代後半から朝の瞑想を体験しました。1人で行えるようになるまで経験の豊かな指導者や仲間と一緒にすることが大事でした。当初は方法を教わりながら指導を受けましたが、ある程度、経験してからは朝に1人でも出来るようになりました。

その後、毎日というわけにはいきませんでしたが、継続してきました。おかげでその恩寵を授かっていると思えるのは、自我のせいでしょうか?

体験がなければ意味はない。頭で知り得た知識は借り物に過ぎない。インターネットの情報だけで体験したようになるのはおかしい。人は気をつけないと自我意識の虜になりえる。そこから抜けるのも容易ではない。なぜなら自分がいる所を知らないからだ。唯一、瞑想だけがチャンスを与えてくれる。

瞑想をあまりよく知らない人は安心してほしい。なぜならそれは知識でもない。知らなくていい。知っていることなど瞑想的ではないし、新しくもない。瞑想する朝は、毎日が新しい。もしかしたら感覚的には分厚い内容の濃い神秘的な長編小説を読み終えた時に本を閉じた瞬間にやってくる空気のようかもしれない。味わい深い呼吸を出来るだけ長く継続することと、少し違うことは、読書でもなく、瞑想で自然に自分の内側に入り込むことなのかな。